Top
Language
Currency
USD
CNY
KRW
JPY
EUR

Ripple(リップル / $XRP)が集団訴訟問題を連邦裁判所に移管 弁護士を称賛する声も

リップル社に対する集団訴訟問題が州立裁判所から連邦レベルの裁判所に移管されたことが明らかになりました。 THE RECORDERによると、リップル社は有価証券(株式や債権のような、それ自体が財産的価値を有するもの)として [] 投稿 Ripple(リップル / $XRP)が集団訴訟問題を連邦裁判所に移管 弁護士を称賛する声も は CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。

BR Index

35.98 거래대금 시가총액
- 0.05 (0.14%) $ 3.75B $ 176.77B

1D

5D

1M

3M

YTD

1Y

3Y

米Ripple社が新コンセプト「xCurrent 4.0」を発表!リップル(XRP)対応の「xRapid」への移行を促進

米国の国際送金スタートアップRipple社が、新たに「xCurrent 4.0」というコンセプトを打ち出しています。これは120社以上の顧客を抱える、同社の複数プロダクト間の相互運用性の向上を強調しています。特に、リップル(XRP)対応の「xRapid」への移行を促している様です。【番外編】リップル(XRP)今後の予想!2019年に向けた価格を将来性やニュースから徹底分析xCurrent 4.0の新機能Some of the docs being shared by @Ripple at #SFF2018. Insight into the work they have done with @bancosantander, @InstaReMit and the latest with “#XCurrent 4.0”.@XRPTrump @BankXRP @XrpCenter @LeoHadjiloizou pic.twitter.com/f7UzW2JBD6 ecent (@EDadoun) 2018年11月12日 Ripple社の顧客が、流動性を活用するためにXRPを利用したxRapidに容易に切り替えることができると示唆する新しい資料が、SNSで共有されました。同社の「xCurrent 4.0の新機能」というタイトルの資料によると、「新たなUI(ユーザーインターフェース)、大量のFX(外為:流動性)の購入、稼働停止時間ゼロ、製品の相互運用性の向上」など、xCurrentの新しいアップグレードの便益が示されています。 資料によるとRipple社は、「デジタル資産としてのXRPの地位に関する規制の明快さ」が達成されると、既存のxCurrent等を利用するRippleNet顧客がxRapidに移行することは容易である」と述べています。現在、Ripple社のRippleNetと呼ばれる金融機関のネットワークには、120以上の銀行、支払いプロバイダーメンバーが参加しています。 Ripple社のクライアントRipple社の顧客の一部は「xCurrent」を国境を越えた支払いに利用しているため、この資料は興味深い発展性を含めています。 Ripple社の顧客は大手決済機関であり、世界最大の11の銀行から、アメリカン・エキスプレス、マネーグラム、ウェスタン・ユニオンなど送金事業者が含まれます。Ripple社の銀行顧客には、資産額2兆7900億ドルの世界第5位の三菱UFJフィナンシャル・グループ、欧州第3位のクレディ・アグリコル、バンク・オブ・アメリカ、サンタンデール、スタンダード・チャータード、SBIグループ、ウェストパック、みずほフィナンシャルグループが含まれます。 マルチホップペイメントとxRapidxCurrent4.0に含まれる一つの機能に、「マルチホップ・ペイメント(Multi-hop Payments)」があります。これは、Rippleが最近強調している技術であり、xRapidを通じて流動性を確保する、より簡単な方法とされています。マルチホップ・ペイメントを利用する顧客は、xRapidを利用する金融機関と1対1の関係を持つことなく、XRPを通じた流動性へアクセスを可能にします。 マルチホップはRippleNet全体で迅速かつ安価な支払いを提供でき、同社は「シームレスな支払い経験」を提供することを約束しています。Ripple社インフラ革新部門のグローバルヘッドDilip Rao氏は以下のように述べています。 Milestone in the scaling of #RippleNet! Now ANY regional bank can act as a correspondent bank, connecting originators and beneficiaries with multiple intermediate legs, yet with full transparency of data and an atomic (single) settlement across all legs. Fees down, speed up! Dilip Rao (@diliprao) 2018年9月28日 「RippleNetのスケーリングのマイルストーンです! 現在、全ての銀行は提供者と受益者を複数の仲介軸で接続して、データの完全な透明性とすべての軸にわたる、決済のアトミック トランザクションが可能なコルレス銀行として機能できます。手数料は下がり、スピードアップ!」製品展開Ripple社のチーフ・マーケット・ストラテジストCory Johnson氏は、同社の製品展開について明確に説明し、次のように述べています。 「当社の顧客はおそらく...多くがxCurrent、少しがxRapid、さらに一部がxViaだと見ています。時間が経つにつれて変化するかもしれないが、当初は最も古いものが最も魅力的なものとなっている。なぜなら、顧客は最も歴史ある製品を見ようと考え、より早くそのアイデアに慣れるからだ。-Cointelegraph」 国境を越えた支払いにxCurrentを利用するリップルのクライアントの最大数が、xRapidに容易に相互運用して流動性を確保する機会があるとすれば、金融機関にとって新しい道が開かれる興味深いものです。マルチホップと連携してXRPを利用したオンデマンド流動性を提供するために、ノストロとボストロの口座にある資本を活用できる事になります。 シフトの利点さらに、Rippleの3番目の製品である「xVia」と組み合わせることで、RippleNetへAPIによるスムーズなオンボードが可能になり、金融機関がxRapidの利用を開始しやすくなります。 1つのAPIでxRapidを利用できる事実は、現在の金融機関が今まで達成できなかったメリットを提供します。xRapidをパイロットした機関によると、処理速度が大きく向上し、料金は40~70%低下しました。 Ripple社製品担当SVPのAsheesh Birla氏は、xViaにより顧客が1つの標準接続を使用してRippleNetが提供する他の製品(xCurrent、xRapid)にアクセスして、その利点を活用できると述べました。 同氏はxCurrentによってFTPサーバーの必要性と、従来の支払いシステムに係る3日間のウェイティングを排除すると主張。xRapidについて、MercuryFXの英国からメキシコへの支払い経路を例に、「xRapidが利用できる場所へ、彼らはxRapidを追加し、XRPを使用してオンデマンドでメキシコにお金を移し、即座に支払いを行えます。」と述べました―The Ripple Drop - Episode 6。 この資料に記載されているその他の機能には、支払いステータスの最終マイル表示、APIワークフローの自動化によるカウンターパーティーのピアリングの容易化、監視サービスの改善などが含まれます。これらはSWIFTのグローバルペイメントイニシアチブ(GPI)との競争力を提供すると期待されます。 関連記事【2018年】これまでのRipple(リップル)との提携に関する発表、ニュースのまとめ三菱UFJ銀行がブラデスコ銀行と新たな覚書を締結、Ripple(リップル)の技術を用いた国際送金の研究を開始リップル(XRP)でフォローすべきTwitterアカウント15選!参考:ambcrypto.com

Gincoがブロックチェーン企業LongHashと提携!ICカード型ハードウェアウォレット「Kinco」共同開発

仮想通貨ウォレット「Ginco(ギンコ)」が国内のブロックチェーン企業LongHashと提携しました。また2社は共同で、ICカード型ハードウェアウォレット「Kinco」の開発を行なったことが発表されました。 目次 1. 生体認証と非接触通信でウォレット内部への干渉を防止1.1. パートナーシップの目的1.1.1. 高い堅牢性と利便性を両立するユーザーファーストな資産管理方法を提供1.2. 共同開発するハードウェアウォレットKincoとは?1.2.1. 非接触通信と生体認証でハイエンドなセキュリティを実現1.2.2. モバイルアプリとの連携によって実現する高いユーザビリティ1.3. GincoとLongHashのシナジー1.4. パートナーシップの展望1.5. Ginco 会社概要1.5.1. 本プレスに関する報道関係者の皆様からのお問い合わせ1.5.2. Gincoアプリダウンロードはこちら1.5.3. Ginco公式サイトはこちら1.5.4. Ginco公式Webマガジンはこちら 生体認証と非接触通信でウォレット内部への干渉を防止 【お知らせ】GincoがLongHashと提携して取り組むハードウェアウォレット開発について、リリースを発表しました。生体認証×非接触通信でハイエンドなセキュリティと高い利便性を両立するICカード型ウォレットになります。https://t.co/kfLDqLQ0xu Ginco 仮想通貨ウォレット (@ginco_app) 2018年11月13日 以下、プレスリリースより引用。 仮想通貨ウォレットサービスを提供する株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森川夢佑斗、以下Ginco)と、LongHash(本社:東京都港区、代表取締役社長:Chris Dai)が、パートナーシップを締結。LongHashが支援するWOOKONGが持つハードウェアウォレット開発技術と、Gincoのソフトウェアアプリケーションを連携し、ICカード型ハードウェアウォレット「Kinco」を共同開発。 パートナーシップの目的 高い堅牢性と利便性を両立するユーザーファーストな資産管理方法を提供 ブロックチェーンを利用したデジタルアセットを管理する際には、個人が資産の紐づく秘密鍵を自身のウォレットで管理する必要があります。 これまでは、オフラインで資産へのアクセスをシャットアウトできるハードウェアウォレットの堅牢性と、スマホ内でサービスへの接続をしやすいモバイルウォレットの利便性は二者択一の関係性にありました。 このたび、Gincoがグローバルブロックチェーン企業のLongHashと提携して、WOOKONGのハードウェアウォレットの技術をベースに開発したICカード型仮想通貨ウォレット「Kinco」は、ハードウェアウォレットの堅牢性とモバイルウォレットの利便性を両立するためのソリューションです。 共同開発するハードウェアウォレットKincoとは? 非接触通信と生体認証でハイエンドなセキュリティを実現 従来のハードウェアウォレットの多くは「秘密鍵の保管」のみを目的としたデバイスであり、利用の際にはオンライン端末と接続しなくてはなりませんでした。このため、端末へのマルウェア感染などにより、トランザクションの書き換えが問題視されてきました。 Kincoは、ハードウェアウォレットに付属するICチップ内で、「乱数に基づく鍵生成」「仮想通貨用のウォレットアドレス生成」「トランザクションの署名(暗号化)」までを行うことで、資産の移動に関する重要な処理を完全にオフラインで完結させることができます。 また、オンライン端末との接続の際には、指紋による生体認証によってパスワードなしに、非接触通信でトランザクションデータを共有。ウォレット内部への干渉を防ぎます。 モバイルアプリとの連携によって実現する高いユーザビリティ Kinco内の資産は、Gincoのポートフォリオ機能と自動的に連携し、アプリ内から常にチェックすることが可能です。 また、Kinco内の資産を移動する際には、Gincoが既に提供している優れたUI/UXをそのまま利用して、従来のハードウェアウォレットを上回る操作感を実現します。 ハードウェアウォレット「Kinco」とモバイルウォレット「Ginco」の連携は、資産のより安全な管理を行う「金庫」と、資産利用のための「財布」とを両立したソリューションとなります。 GincoとLongHashのシナジー Gincoは、ブロックチェーン技術の普及と発展を目指して、仮想通貨などのデジタルアセットを安全に管理し、気軽に利用できるモバイルウォレットアプリを提供してきました。 今回のパートナーであるLongHashもまた、ブロックチェーンがもたらす本来のビジネスモデルと経済圏の革新を目指し、メディア運営・ハードウェアウォレット開発・インキュベーションなどで、多角的にブロックチェーン事業の展開を行っています。 このたびのパートナーシップは、ウォレットソリューションに留まらない、ブロックチェーン技術の本格的な普及に向けた第一歩となります。 パートナーシップの展望 ハードウェアウォレット「Kinco」の販売開始は2019年上半期を予定しております。 また本提携を通じて、ブロックチェーン技術の普及のため重要な市場となる日本において、より一層の技術開発・マーケティング・PR連携を強化してまいります。 Ginco 会社概要 社名:株式会社Ginco (Ginco Inc.) 設立:2017年12月21日 所在地:〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15−10 MAC渋谷ビル8階 代表者:森川夢佑斗 資本金:1000万円(資本準備金含む) 事業内容:仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco」の企画・開発・運用 本プレスに関する報道関係者の皆様からのお問い合わせ メールアドレス:pr@ginco.io 担当:藤本 Gincoアプリダウンロードはこちら https://apple.co/2IoXm57 Ginco公式サイトはこちら https://ginco.io/ Ginco公式Webマガジンはこちら https://magazine.ginco.io/

〈 BITDAYS 〉

11:39:46

LayerX (レイヤーエックス)と Zilliqa(ジリカ) が公式パートナーシップを締結

ブロックチェーン関連事業を行う株式会社 LayerX(本社:東京都港区 代表取締役社長:福島良典、 以下 LayerX)と、 シンガポールでブロックチェーン事業を展開する Zilliqa Research Pte. Ltd(本社:シンガポール、 CEO:Xinshu Dong、 以下 ジリカ社)は、 公式パートナーシップを締結いたしました。 本パートナーシップにより、 LayerXは、 日本において、 ジリカ社が開発したブロックチェーン Zilliqa (以下 Zilliqa)の技術サポートをしていくと共に、 Zilliqa 上での開発コンサルティングやコード監査を行ってまいります。Zilliqa についてZilliqa は、 Polychain Capital や FBG Capital などのクリプトファンドからも出資を受けているスマートコントラクトプラットフォームで、 従来より課題であったブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決するプロジェクトです。 日本における開発事例や開発ノウハウなどの情報が少ない現状があったため、 本パートナーシップでは、 日本のエンジニアが Zilliqa 上で簡単に開発が行えるように、 技術的な側面から Zilliqa の普及をサポートしてまいります。今回の取り組み定期的なイベントの共同開催やExampleコードの開発を通じて、 日本のエンジニアが Zilliqa上で簡単に開発が行えるようサポートを行ってまいります。 また、 LayerXはジリカ社の公式技術パートナーとして、 Zilliqa 上での開発コンサルティングやコード監査に関する事業を展開してまいります。 各代表からのコメント株式会社LayerX 代表取締役社長 福島良典より Zilliqa という素晴らしいプロジェクトに、 技術パートナーとして、 LayerXが参画できることは大変嬉しく思います。 日本でも Zilliqaを使ったプロダクトが増えていくよう、 技術的な部分でサポートをしていきます。 Zilliqa Research Pte. Ltd CEO Xinshu Dong より Zilliqaブロックチェーンの推進は私達の焦点です。 LayerXとのパートナーシップは日本の開発者コミュニティへの強い働き掛けができるようになります。 LayerX についてLayerX は、 情報キュレーションアプリ「グノシー」を運営する株式会社 GunosyとFinTech企業であるAnyPay株式会社の合弁会社として、 2018 年 8 月 1 日に設立。 ブロックチェーン技術に特化し、 スマートコントラクトの開発やエンタープライズ向けブロックチェーン導入、 コンサルティングなど国内外でサービスを展開する。 会社概要【株式会社 LayerX 概要】 名称:株式会社 LayerX(レイヤーエックス) 所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 代表者:代表取締役社長 福島 良典 事業内容:ブロックチェーンに関するコンサルティング、      システム開発・企画・運用、 並びに研究開発 資本金:100,000,000 円(資本準備金含む) 設立年月日:2018/8/1 【Zilliqa Research Pte. Ltd 概要】 名称:Zilliqa Research Pte. Ltd 所在地:2 Science Park Drive CEO:Xinshu Dong 事業内容:パブリックブロックチェーン 設立年月日:2017/9/15 株式会社 LayerX TEL:03-6804-1308 e-mail: pr@layerx.co.jp 広報担当:中根

コインチェックがETH(イーサリアム)・XEM(ネム)・LSK(リスク)の入金・購入を再開

仮想通貨取引所・コインチェックは今月12日、ETH(イーサリアム)、XEM(ネム)、LSK(リスク)の入金・購入を再開したことを発表しました。 今回の3通貨の入金・購入再開により、XRP(リップル)とFCT(ファクトム) [] 投稿 コインチェックがETH(イーサリアム)・XEM(ネム)・LSK(リスク)の入金・購入を再開 は CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。

ビットコインキャッシュ(BCH)が仮想通貨取引所Lescovexに上場!

仮想通貨取引所Lescovexが新たな通貨の上場を発表しました。 目次 1. BCHが9種類の通貨と取引可能に BCHが9種類の通貨と取引可能に #BitcoinCash is now available on Lescovex exchange! $BCH is paired with many #crypto and the largest range of fiat currencies in the cryptosphere. @BITCOlNCASH #BCH Join our growing community and start #trading: ➡️ https://t.co/vboRCO7EFk pic.twitter.com/CYL5jKbaAw Lescovex Exchange (@Lescovex_) 2018年11月6日 Lescovexにが上場しました。以下の9種類の通貨ペアで取引が可能です。 ・BCH/BTC ・BCH/ETH ・BCH/EUR(ユーロ) ・BCH/USD(米ドル) ・BCH/CAD(カナダドル) ・BCH/GBP(英ポンド) ・BCH/CHF(スイスフラン) ・BCH/SEK(スウェーデンクローナ) ・BCH/RON(ルーマニアレウ)

〈 BITDAYS 〉

11:10:44

ネム(XEM)の出来高が900%増!9月4日以来初めて時価総額10億ドルに回復、コインチェック効果か

12日、仮想通貨ネム(XEM)は取引所コインチェックに再上場して大幅に価格が上昇、過去24時間取引高は約9.6倍に増加しました。ネムの価格とマーケットを見てみます。【2018年】NEM(ネム)の今後の価格や将来性は?材料やチャートから大胆予想9月初旬以来初めて10億ドルに#Coincheck resumed $XEM activities today!https://t.co/ndkPar4bUa NEM (@NEMofficial) 2018年11月12日 コインマーケットキャップによると、暗号通貨ネム(XEM)は、13日早朝時点に1XEM=12.64円、前日比19.95%、時価総額1137億円で市場16位にランクしています。ネムの時価総額は、9月初旬以来初めて10億ドルを超えました。 12日に10.54円で開始したXEMは、夕方のコインチェックの再上場発表後、最大14.4円の高値に達しました。 〇XEM対日本円 11月12日 出典:TradingView13日早朝時点にXEMの過去24時間の取引高は53億2,100万円をつけています。11日の500万ドル(約5.5億円)に対して、およそ860%増加しています。(コインチェックの販売量は反映されていません。)〇XEMの取引高が10倍増加 出典:コインマーケットキャップフィアット(法定通貨)がXEM市場に流入取引所を見ると、バイナンス(35.6%)、ザイフ(19.1%)、アップビット(16.1%)の順にXEMは取引されました。通貨市場で見ると対ビットコインが(62%)、日本円が(18.8%)、韓国ウォンが(10.5%)です。マネーフローを見ると、日本円が800万ドル、韓国ウォンが450万ドル、テザー(USDT)が120万ドル、計1,370万ドル(約15.3億円)がXEM市場に流入しています。〇アジアがXEM市場を牽引 出典:Coinlib欧米市場の時間帯に移っても、価格は現在の水準でやや安定し始めています。XEMの資産は非常に低価格で魅力的と見られているかもしれません。XEMはピーク時から95%下落する資産の1つとなり、2017年11月と比較して44%を下回りました。この位置でさえ、XEMは非常に低い価格からのラリーの機会を提供すると期待されています。しかし、長期的な弱気市場は、XEM保有者が最初のポンプで一旦売却したいと思うかもしれません。最初の日足のRSI(相対力指数)を見ても、依然としてXEMが低くなる可能性があると示されています。 NEMプロジェクトは、エンジニアや学生の間で普及しており、世界中のワークショップや開発センターが設立されています。今回のパンプで注目を集め、コインチェックの復活と併せて多くのメディアに取り上げられています、欧米を巻き込んで暗号市場を喚起すると期待されます。 関連記事NEM財団が12月にコミュニティ参加型の”新しい評議員選挙”をブロックチェーン上で開催

リップル社のxCurrent最新版発表!xRapidも利用可能に

Ripple(リップル)社がxCurrentの最新版である「xCurrent4.0」を発表しました。 目次 1. 両替、マルチホップなど多くの新機能を実装 両替、マルチホップなど多くの新機能を実装 Some of the docs being shared by @Ripple at #SFF2018. Insight into the work they have done with @bancosantander, @InstaReMit and the latest with “#XCurrent 4.0”.@XRPTrump @BankXRP @XrpCenter @LeoHadjiloizou pic.twitter.com/f7UzW2JBD6 ecent (@EDadoun) 2018年11月12日 リップル社は11月12日(月)から16日(金)まで開催されているシンガポールの「Singapore FinTech Festival 2018」に参加。会場で配布されていたリップル社のパンフレットで、xCurrentの最新版である「xCurrent4.0」が掲載されていることが明らかになりました。 「xCurrent4.0」ではXRPを用いて、xCurrentからxRapidへアクセスすることが可能になります。また、送金だけでなく両替もxCurrentでできるようになるほか、マルチホップなどさまざまな新機能が実装されているとのことです。 xRapidは、10月に開催されたリップル社のカンファレンス「swell」にて商用化が発表されています。xCurrentからもアクセスが可能になることで、国際送金のさらなる発展とXRPの流動性向上が期待されています。

〈 BITDAYS 〉

10:49:28

NEM財団が12月にコミュニティ参加型の”新しい評議員選挙”をブロックチェーン上で開催

最近、NEM.io財団はNEMブロックチェーンを使用して、2018年12月7日に「NEM.io財団評議会選挙」を開催することを発表しました。このプロセスでは、NEMのブロックチェーン技術を使用して、暗号で保護された識別エンジンを使用するメンバーシップ検証から、NanoWalletを使用した検証文書用のパブリックストレージの作成までを処理します。【2018年】NEM(ネム)の今後の価格や将来性は?材料やチャートから大胆予想コミュニティがNEMの方向性を決定選挙の目的は、新しいエグゼクティブ・コミティー(ExCo)の中核メンバー、及びNEM.io財団の新しい評議員を決定することです。 エグゼクティブ・コミティー(上級理事会)には、4つのポジションがあります。President(代表)、Vice-President(副代表)、Honorary Secretary(名誉秘書)、Honorary Treasurer(名誉財務)。 NEM評議会は、NEM財団とNEM技術プラットフォームへのニーズを協議するために、選ばれた個人が集まる組織です。NEM評議会は、NEMの持続可能性と将来に影響を及ぼす諸問題について、NEM財団が協議して合意に達するために取り組みます。 NEMの北米地域担当責任者Alexandra Tinsman氏は、「NEM.io財団が大きな変化を迎えようとしており、コミュニティが今後数年間のNEMの方向性を決定する瞬間です。」とコメントしています。 評議会選挙で投票するには、個人はNEM財団の会員になり、公式ウェブサイトに記載されている申請と承認のプロセスを通す必要がありまず。しかし、現在、メンバーシップ受付は締め切っています。 NEM台湾地域責任者のFlora Fang氏は、次のようにコメントしています。 「評議会選挙にNEMブロックチェーン技術を活用する事は、NEMの革新精神を証明しています。私たちは、NEM.io財団の将来を決めるにあたり、コミュニティが参加しなければならないと強く信じています。」 投票はNEMのパブリックチェーン上で行われます。投票はNEM.io財団が主催する臨時総会(EGM)期間中に締め切り、2018年12月3日に公開されます。すべての投票がNEMパブリックブロックチェーンで検証可能となります。監査はEGMで実施されます。新しく選出された役員は監査が完了した後に発表されます。 なお、立候補者はNanoWalletから「メッセージ付」送金で申し込みます。その後、「立候補者ポリシー文書」をPDFファイルで作成。自分のPDFのアポスティーユ(公証機能)を作成します。NEMのアポスティーユ機能は、当該ドキュメントが一定期間の有効性証明に利用可能です。NEM.io財団は、投票期間が終了するまで、応募内容を開示しません。 改ざん不可な分散型技術は選挙にマッチ同様の実績として、8月にNEMのブロックチェーン技術はウクライナの中央選挙管理委員会で試験導入されました。NEM.io財団がAPIとテストコインを提供したこの取組で、投票に使用するノード配置にかかるコストが、わずか約1,227ドル(約13.5万円)と試算されました。ブロックチェーンの投票利用の投資対効果が評価され、需要が増している分野です。 ブロックチェーンを使用する事で保存された情報の改ざんが不可能になり、データの分散化はアドバンテージになります。NEMブロックチェーンにより、ユーザーは独自の資産を作成でき、ログ構造によってユーザーはメッセージを添付できます。NEMのAPIは使いやすく、ユーザーは容易にデータにアクセスできます。 関連記事マレーシア文部省がNEMブロックチェーンで構築した「学位証明システム」をローンチ参考:lattice80.com

Ripple(リップル / $XRP)が集団訴訟問題を連邦裁判所に移管 弁護士を称賛する声も

リップル社に対する集団訴訟問題が州立裁判所から連邦レベルの裁判所に移管されたことが明らかになりました。 THE RECORDERによると、リップル社は有価証券(株式や債権のような、それ自体が財産的価値を有するもの)として [] 投稿 Ripple(リップル / $XRP)が集団訴訟問題を連邦裁判所に移管 弁護士を称賛する声も は CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。

イーサリアム(ETH)はレンジ相場を継続中、今後大きな価格変化は起こるのか?-11月12日チャート分析

11月4日より大きく上昇をみせた仮想通貨イーサリアム(ETH)でしたが、11月7日以降には大きな反落をみせました。下落を一段落した後のイーサリアムはそれまでのチャートと比較して大きな値動きをみせず、レンジ相場へと切り替わっています。今後イーサリアムはどのような値動きをみせる可能性があるのでしょうか?チャートを確認していきます。仮想通貨イーサリアム(ETH)は11月7日以降、レンジ相場を継続させる(TraidingViewのETHBTC 15分足チャート) ETH/BTCの日足チャートをみていきます。11月4日より急上昇をみせたETHは上値を0.034BTC台まで上昇させ、その後反落の動きをみせました。反落後のETHは下値を0.032BTC台で下落を一段落させ、その後サポートラインへ切り替えました。11月5日以降、ETHは一目均衡表の雲に抑えられた値動きをみせていることがわかります。今後も一目均衡表の雲に合わせた値動きを継続させる場合、雲は11月15日にかけて更に下方向へ動き出すため注意が必要でしょう。また雲はその後も下方向への動きを継続させるため、ETHも合わせて下落する可能性は有り得るでしょう。 また現在のレンジ相場を継続させる場合、ETHは11月14日には2018年6月以降からなる下降トレンドラインと接触する形を迎えます。長期期間からなるトレンドラインの接触、突破すれば大きく上昇する可能性が見込めますが、まずは売り圧力が加えられる可能性があります。そのため11月14日のETH市場には注意して取引を行う方が良いかもしれません。 次にETH/USDの注文比率をみていきます。11月6日から7日にかけて反落を起こし、11月8日にはレンジ相場へ移行したETH、注文比率では反落を起こした11月7日には売り注文量を大きく伸ばしています。売り注文量の増加にてETHチャートでは反落が加速されたということでしょう。売り注文量が増えたということはその分解消される動きもあるということです。解消の動きに伴ってETHチャートでは上昇の動きをみせる場合がありますが、今回の場合11月7日の売り注文量増加以降、既に上昇分の売り注文量は解消されていることになり、注文比率からは大きな上昇の可能性は見込めないということになります。また今後再び売り注文量が貯まる動きをみせた場合、ETHチャートは更なる下落の可能性もあるということを頭に入れておきましょう。 今回のチャートをまとめると、現在のETHはレンジ相場継続も、11月14日以降売り圧力が強く高まる可能性が控えられているということになります。ETHは強い売り圧力に耐え、トレンドラインを抜ける動きを継続することができれば大きな上昇の可能性も高まってくるでしょう。 今後の値動きはどうなる?最新のチャート分析はこちらから

〈 COIN TOKYO 〉

2018-11-12

ビットコイン(BTC)はサポートラインを一時割る動きがみられるも、その後は大きく反発-11月12日チャート分析

11月4日よりhead and shoulderのパターンを形成してきた仮想通貨ビットコイン(BTC)、11月11日の深夜帯から11月12日の未明にはRt.shoulderが完成し、ネックラインと重なるサポートラインを割ってしまうのか注目があつまるタイミングでした。一時はサポートラインを抜けようとしたビットコインはすぐに反発の動きをみせ大きく上昇させます。ビットコインのチャートを確認していきます。仮想通貨ビットコイン(BTC)はhead and shoulderを否定し、大陽線を形成(TraidingViewのBTCJPY 2時間足チャート) BTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。11月4日以降、一つの下落シグナルとなるhead and shoulderのパターンを形成してきたBTC、11月11日の深夜帯にはRt.shoulderを完成させます。BTCにとって11月11日時のサポートラインはhead and shoulderのネックラインにもあたり、今後の相場が大きく切り替わる可能性を持った相場となっていました。 11月11日のBTCは売り圧力が非常に強く、同日の深夜帯にはサポートラインを割る勢いをみせたBTCでしたが、すぐに反発を起こします。BTCチャートも合わせてみると、サポートラインの反発以降、BTCの売り注文量は減少の動きをみせています。サポートラインで反発をみせたBTCは下落シグナルとなるhead and shoulderを否定したと市場では判断されたためか、その後大陽線を形成し大きく上昇、上値を72万6千円台まで伸ばしました。 Head and shoulderが否定されたBTC相場は今後大きく上昇をみせるのでしょうか?2時間足のチャート上では11月10日以降レジスタンスラインと200日移動平均線が重複しており、移動平均線接触の度に反発、ローソク足には上ヒゲを形成しています。 BTC/JPYの日足チャートもみていきます。時間足チャートではhead and shoulderが否定され、上昇の動きをみせたBTCではありましたが、その上昇は限定的となっています。方向感がはっきりしないBTCは今後レジスタンスラインを72万5千円台、サポートラインを71万3千円台としてレンジ相場へ切り替わる可能性があります。 レンジ相場の中で現在のレジスタンスラインは2時間足チャートでの200日移動平均線と重複しているという点、レンジ相場の上値近辺でダイバージェンスが発生している点よりBTCはレンジ相場内にて再び下落方向へ動き出す可能性が高まっています。今後もサポートラインがしっかりと機能されるかどうか注目しましょう。 今後の値動きはどうなる?最新のチャート分析はこちらから

〈 COIN TOKYO 〉

2018-11-12

11月12日の仮想通貨ニュースまとめ:三菱UFJとブラデスコ、リップル社のシステム活用の国際送金システム開発へ!、など全8件

目次 1. 三菱UFJ銀行とブラデスコ銀行、リップル社のシステムを活用した日本・ブラジル間の国際送金システム開発へ!2. NASA関連の展示も行うアメリカ最大の博物館「Great Lakes Science Center」がビットコイン決済導入!3. 日本国内のQRコード決済市場、2023年に8兆円規模に!?4. スクエアの時価総額がツイッター超え!ビットコイン決済サービスが影響5. コインチェックがイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リスク(LSK)の入金・購入サービスを再開!6. Tron(トロン/TRX)がオランダの取引所Blockportに上場!7. 世界の仮想通貨ATM設置台数が4,000台へ!1日あたり6台設置8. ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」がLisk(リスク/LSK)に対応! 三菱UFJ銀行とブラデスコ銀行、リップル社のシステムを活用した日本・ブラジル間の国際送金システム開発へ! 三菱UFJ銀行とブラジルのBanco Bradesco(ブラデスコ銀行)が、日本・ブラジル間における国際送金システムを共同で開発していくことが明らかになりました。 NASA関連の展示も行うアメリカ最大の博物館「Great Lakes Science Center」がビットコイン決済導入! アメリカで最大規模の博物館と言われるGreat Lakes Science Center(五大湖科学センター)が、11月13日(火)から入場料をビットコイン(Bitcoin/BTC)で支払えるようになることが明らかになりました。 日本国内のQRコード決済市場、2023年に8兆円規模に!? 株式会社日本能率協会総合研究所が日本国内のQRコード決済市場を調査し、市場規模の推計を行いました。 スクエアの時価総額がツイッター超え!ビットコイン決済サービスが影響 アメリカの決済サービス大手で知られるSquare(スクエア)の時価総額が、SNS大手のツイッターを超えたことが明らかになりました。 コインチェックがイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リスク(LSK)の入金・購入サービスを再開! 国内取引所Coincheck(コインチェック)が、一部仮想通貨の入金・購入サービスの再開を発表しました。 Tron(トロン/TRX)がオランダの取引所Blockportに上場! オランダの仮想通貨取引所Blockportに新たな通貨が上場しました。 世界の仮想通貨ATM設置台数が4,000台へ!1日あたり6台設置 世界中に設置されている仮想通貨ATMの台数が現在3,991台になっており、今月末までに4,000台を突破することが予想されています。 ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」がLisk(リスク/LSK)に対応! ハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノS)」が新たな通貨の対応を発表しました。

〈 BITDAYS 〉

2018-11-12

Block Ratings Copyright ⓒ Block Ratings. All rights reserved.
Rooted Partners | 10F, 373, Gangnam-daero, Seocho-gu, Seoul, Republic of Korea
contact@blockratings.com | Chris Song | 558-86-00779