Top
Language
Currency
USD
CNY
KRW
JPY
EUR

スイスの老舗時計メーカーがウォレット機能のついた高級時計を発表

300年続くスイスの老舗時計メーカー、A. Favre Fils(A. ファーブルフィス)は仮想通貨ウォレット機能のついた時計を今年中にローンチすると発表しました。A. Favre Fi [] 投稿 スイスの老舗時計メーカーがウォレット機能のついた高級時計を発表 は CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。

BR Index

19.72 거래대금 시가총액
+ 0.25 (1.27%) $ 2.92B $ 98.58B

1D

5D

1M

3M

YTD

1Y

3Y

米ナスダックCEO「仮想通貨は『将来のグローバル通貨』になる可能性がある」

ナスダックの社長兼最高経営責任者(CEO)であるアデナ・フリードマン(Adena Friedman)氏は、仮想通貨が依然として「将来のグローバル通貨」になる可能性があると予測しています。フリードマン氏は、仮想通貨が「私たちの経済において持続可能な未来を見つける機会に値する」と述べて、デジタル資産に対する楽観的な見解を共有しました。統治と規制の明確化ナスダックのCEO、フリードマン氏は、1月22日から22日にスイスのダボスで開催される、「世界経済フォーラム」に参加します。今年の集会は、「グローバリゼーション4.0」と、世界をより平等に、より透明に、より安定させるために、民間部門と公共部門が協力できる方法についてフォーカスします。フリードマン氏は、ダボスで議論される主題に沿って、2019年に出現・成長を続けると思われる複数のトレントの一つとして、ビットコインに言及しました。 21日付のブログでフリードマンCEOは、ビットコインのライフサイクルを振り返りました。古典的な発明サイクルの初期フェーズは既に過ぎ去り、初期パイオニアによる宣伝を経て、現実の用量を知りました。同氏によると、次に来るのは、以下2つの結果のうちの一つです; 1)イノベーションは、その後何年にもわたって着実かつ持続可能な商業的進歩と経済構造(例えばインターネット)への統合により実用的効用を見いだす。もしくは、 2)その発明が広範に採用されず、交換媒体としての商業的用途が制限される(例えば、セグウェイ)。 「実用的効用とより安定した価値を確立する上で2つの重要な要素が、統治と規制の明確化であると主張できます。どちらも、分散型な非統治型グローバル通貨としての当初の意図に反するものです。それでも、取引所において、透明性と公平性がトラストのカギであり、ある程度の監視と規制がなければ、信頼を築けるだけの一定レベルの透明性と公平性を示すことは不可能です。」 「ナスダックでは、取引のマッチング、決済、および取引の完全性のための当社のテクノロジをスタートアップ取引所に提供することで、仮想通貨が投資家の信頼を獲得するのを助けます。」価格操作と詐欺行為昨年ブルームバーグは、ナスダックがビットコイン先物取引所を準備中しており、2019年の上半期に開設予定であると報じました。同社のビットコイン先物は、自社製品「SMARTS」テクノロジを使用して、プラットフォーム上の価格操作や不審な取引行為を監視します。 ナスダックの動きは、VanEck / SolidX が申請中のビットコインETFの承認に向けた後押しとなる、ポジティブな材料と言えます。SEC(米証券取引委員会)は承認可否について、2月27日を最終判断期日に指定しています。SECは、これまで複数のビットコインETFを却下しましたが、その理由は主に価格操作と詐欺行為を危惧したものでした。 ナスダックのSMARTSは、米国の取引所Geminiや、欧州で規制された仮想通貨取引所DX.Exchangeの取引を監視しています。 関連米ナスダック、2019年Q1にビットコイン先物上場を計画か―ブルームバーグ報道参考:Linkedin

スイスの老舗時計メーカーがウォレット機能のついた高級時計を発表

300年続くスイスの老舗時計メーカー、A. Favre Fils(A. ファーブルフィス)は仮想通貨ウォレット機能のついた時計を今年中にローンチすると発表しました。A. Favre Fi [] 投稿 スイスの老舗時計メーカーがウォレット機能のついた高級時計を発表 は CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。

ビットコイン(BTC)は突如長い下ヒゲを出現させる、今後の価格はどうなるのか?-1月22日チャート分析

1月20日の急落以降、揉み合い相場を続けている仮想通貨ビットコイン(BTC)は本日1月22日に、一時2019年の最安値を更新する程の急落を見せました。しかし急落後のビットコインはすぐに反発の動きも見られ、時間足には長い下ヒゲを伴ったローソク足を形成することになりました。本日みせた大きな値動きは今後の値動きに対する兆しとなるのでしょうか?チャートを確認していきます。レンジ相場の中、一時今年の最安値を更新した仮想通貨ビットコイン(BTC)(TraidingViewのBTCJPY 4時間足チャート) BTC/JPYの4時間足チャートをみていきます。1月20日に38万4千円台まで下落したBTCはその後レンジ相場へ移行していました。本日1月22日もサポートライン、レジスタンスライン共に維持しながら値動きを続けていましたが、突如37万6千円台まで下落する値動きをみせました。 2019年の最安値を更新する程の下落を見せたBTCでしたが反発も非常に強く、時間足チャートでは長い下ヒゲを伴うローソク足が完成されています。またBTCの注文比率を見た場合、長い下ヒゲを形成したタイミングで買い注文量が大きく減少された動きが確認されています。 レンジ相場の中突如出現した急落でしたが、その反発する価格帯は非常に意味を感じる価格帯といえます。2018年12月以降から反発の値動きが少しずつ見られてきたBTCは多くの転換線がフィボナッチラインと一致しています。 今回形成された長い下ヒゲもフィボナッチラインに近い価格帯となっています。今回の反発もフィボナッチラインが意識された場合、今後BTCは上昇方向への値動きをみせる可能性が高まることになります。既に本日形成された長い下ヒゲを伴うローソク足には大きな出来高が伴っています。フィボナッチラインに合わせて今後反発する場合、今後も上昇チャートを形成するのではないでしょうか 。まず今後注目するポイントはレンジ相場のレジスタンスラインである38万9千円台を高い出来高を伴いながら突破できるのかという点になります。現在BTCの買い注文も減少しつつある中、上昇相場へ移行する場合、買い注文量を再び上昇させる動きも確認されるでしょう。 仮に今後の値動きの中でレジスタンスラインを突破することができない場合、BTCは再びフィボナッチラインを試す値動きが見られる可能性が上がることになるため注意しましょう。 毎日更新!プロトレーダーによる今後のチャート分析はこちらから

〈 COIN TOKYO 〉

2019-01-22

スイスのプライベートバンクFalconが仮想通貨を直接購入できるウォレットサービスを発表

スイスのプライベートバンク、ファルコン(Falcon Private Bank)は、個人および機関投資家の向けに、仮想通貨のウォレットサービスを発表しました。同社は、顧客資産と仮想通貨の直接交換、追加または新規の仮想通貨の銀行を通じた購入、そして顧客個人のウォレットへの送金をサポートします。トランザクション資産管理サポート当初ファルコンがサポートする仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)です。 1月21日のプレスリリースによると、ファルコンは「ブロックチェーン資産を完全にバンカブル(預金可能)にする」と主張しています。同社のサービスには、独自のカストディソリューションによるセキュアなストレージ提供と資産管理を含みます。銀行は、次のように述べています。 「顧客は、eバンキングや専用のリレーションシップマネージャーを通じて、取引注文を簡単に行うことができます。デジタル資産は、ポートフォリオ目録および税務報告書に含まれます。」 ファルコンのプロセスは、スイスのマネーロンダリング対策(AML)と顧客確認(KYC)のコンプライアンスに完全に準拠します。ハードウェア、ソフトウェア、およびトランザクションプロセスをカバーするマルチレベルの保護対策を備える同社のカストディソリューションは、独立系プロバイダによって監査されます。スイスのファルコン銀行1965年に設立されたFalcon Private Bank(ファルコン)は、管理資産150億ドル(1兆6500億円)、スイスで26番目の規模であり、Abu Dhabiのソブリンウェルスファンドに所有される外資系銀行です。ファルコンは、アブダビ、ドバイ、ロンドン、チューリッヒに拠点を有しています。 ファルコンは2017年7月にスイス金融市場監査局(FINMA)にビットコイン資産管理会社として認可されました。最低投資額は200万ドル(約2.2億円)に設定されています。 機関投資家や個人投資家に市場の開放を試みる複数の企業が集まるスイスでは、仮想通貨のバンキング分野も充実しつつあります。今月、スイスのプライベートバンクVontobel(ボントベル)は、銀行として世界で最初にカストディサービスを開始する予定を公表しました。Vontobelの管理資産は1,122億ドル(約12兆円)で、日本の千葉銀行(14兆円)に匹敵します。 12月にスイスの金融市場監査局(FINMA)は、新たに「フィンテック・ライセンス」のガイドラインを公表。ライセンスを取得するスタートアップは、最大1億ドル(約1億スイスフラン)の「パブリック預金」を受け入れる事ができるようになりました。同月、ガスプロムバンクのスイス部門は、暗号資産カストディと取引サービスを開設する計画を発表しました。参考:falconpb

〈 COIN TOKYO 〉

2019-01-22

イーサリアム(ETH)はサポートラインを割る値動きを見せ始めている、今後の価格はどうなるのか?-1月22日チャート分析

1月16日よりレンジ相場を形成している仮想通貨イーサリアム(ETH)は徐々に上値を切り下げる値動きをみせており、下降型のトライアングルパターンを形成しています。イーサリアムは一つの揉み合いの形をみせている中、1月21日以降からはそれまで支え続けられてきたサポートラインを一時割る値動きを見せ始めています。イーサリアムは今後このままサポートラインを完全に割ってしまうのでしょうか?チャートを確認していきます。下降型のトライアングルパターンを形成している仮想通貨イーサリアム(ETH)はサポートラインが効きにくくなっている(TraidingViewのETHBTC 2時間足チャート) ETH/BTCの2時間足チャートをみていきます。1月16日から0.0329BTC台をサポートラインとした値動きをみせているETHはレンジ相場の中、上値を徐々に切り下げる値動きを継続させており、下降型のトライアングルパターンを形成していることがわかります。 またレンジ相場中の1月19日には売り注文量を急増させ、売り圧力を強めたETHは1月21日にはサポートラインを一時割る値動きをみせています。サポートライン割れ後のETHは1月14日以降の最安値である0.0323BTC台で反発をみせ再びサポートラインを上回る値動きこそ見せるものの、その後も再度サポートラインを割る動きがみられており、1月16日以降のサポートラインが強く機能しなくなってきたことがわかります。 1月16日以降のサポートラインが脆くなり始めたETHは明日1月23日にはこれまで形成されてきた下降型のトライアングルパターンが収束を迎えることとなります。ETHの売り注文量は1月20日時と比較すると少し解消されていますが、まだまだ多く溜まっている状況といえます。 強い売り圧力が継続して加わっているという点、レンジ相場のサポートラインが機能しにくくなってきた点から、今回形成しているトライアングルパターンは下方向へ動き出す可能性が高まっているといえるでしょう。 ETH/BTCの4時間足チャートをみていきます。1月16日以降一つのレンジ相場を形成しているBTCですが、中期的にチャートを見た場合、現在のETHは2018年の12月からhead and shoulderのパターンも形成していることがわかります。 またhead and shoulderのネックラインは現在のサポートラインと一致することになります。そのため現在のサポートラインを完全に割る場合、同時に下落シグナルであるhead and shoulderも完成することになり、大きな下落の可能性が生まれることになるため注意しましょう。 毎日更新!プロトレーダーによる今後のチャート分析はこちらから

〈 COIN TOKYO 〉

2019-01-22

米コインベースがアジア・欧州市場向けのSWIFT入金を開始、機関需要を狙う

米国の仮想通貨取引所コインベースは、アジア、英国、欧州の機関投資家向けに、クロスボーダー(国境を越えた)電信送金による入金を受け入れる事を発表しました。この動きは取引量拡大を見込む同社の戦略の一環で、トレードだけでなく、OTC(相対取引)、カストディサービスの利用促進を期待しています。米国外の機関投資家の拡大22日にコインベースは、これまでフィアットの入金経路が不足していたエリアの顧客に対して、銀行口座からのインバウンドとアウトバウンドのSWIFT送金をサポートする計画を発表しました。これにより同社は世界中の顧客の資金を受け入れる目論見です。コインベースは以下のように述べています; 「新機能により、アジアおよびEMEA(中東及びアフリカ)諸国のコインベースの利用者は、当社の仮想通貨の深い流動性プールに、初めてアクセスできるようになります。」OTC(相対取引)デスクとカストディの利用促進この最新のアップグレードは、米国外のコインベースの顧客が米国の国内銀行口座なしで取引できるようになったことを意味します。さらにアジアの大規模顧客は、コインベースのOTC(相対取引)デスク、およびCoinbase Primeのカストディサービスにアクセスできるようになります。コインベースのOTCトレーディングデスクは、米国向けに昨年11月に最初に開設され、12月に英国でスタートしていました。 アジアのトレーダーはまた、取引所が保有するドル準備金に裏付けされたステーブルコイン(USDC)を利用できるようになります。 コインベースは、アジア向けの機関セールスを監督するため、昨年6月に東京オフィスを設立していました。同社は新たに元米国の機関セールス責任者Kayvon Pirestani氏を、アジア市場の同タスク責任者として任命し、東京オフィスに配属しています。 関連記事米Ripple社CEOがSWIFTとの提携の噂を否定、XRPはリアルな問題を解決している参考:Coindesk

〈 COIN TOKYO 〉

2019-01-22

インドネシアのユニコーン企業Go-Jekが、フィリピンの仮想通貨ウォレットCoins.phを買収

インドネシアで最初のユニコーン企業Go-Jekがフィリピンの仮想通貨ウォレットで決済プラットフォーム「Coins.ph」の過半数株式を取得した、とTechcrunchが報じました。G​​o-JekとCoins.phについてG​​o-Jekは、2010年にオートバイの送迎サービスとして設立されました。現在は、輸送、物流、モバイル決済、食品配達、その他多くのオンデマンドサービスを含む幅広いサービスを提供する、オンデマンドなモバイルプラットフォーム・アプリケーションへと進化しています。 2014年に設立されたCoins.phは、フィリピン人が生活の支払いを行ったり、ビットコイン、リップル、イーサリアムなどの仮想通貨を購入できるデジタルウォレットプロバイダです。公式ウェブサイトによると、顧客基盤は500万人以上に成長。さらに同社は仮想通貨Coins Proを構築しています。 財務補強と市場展開Coins.phはこれまで4度の資金調達ラウンドで投資家から合計1000万ドルを調達していました。最新の買収契約の条件は明かされていませんが、TechCrunchは関係者情報に基づいて、Go-JekがCoins.phの過半数の株式を取得するために7200万ドルを支払ったと報じています。Coins.ph社CEOのRon Hose氏によると、新しいラウンドの資金調達を行っている最中にGo-Jekの打診を受けたという; 「当社はビジネスを成長手段について、判断を下さなければなりませんでした。そして最終的に、Go-Jekと共同で全体的により大きく、より良いものを構築できるようになりました。」 Coins.phは引き続き事業を継続する予定です。Hose氏は、Coins.phがGo-Jekのリソースを活用して、フィリピン人にさらに便利さ、選択性、そしてサービスへのアクセスを提供することにフォーカスすると語りました。 インドネシアのGo-Jekは、毎月600万件を超えるトランザクションを処理する業界の技術大手として知られています。同社はTencentとGoogleの支持を得て、ライドシェアリング市場の拡大を図っています。Coins.phの買収により、Go-Jekはフィリピン市場へ参入する足掛かりを得ました。 特に、Go-Jekの支払いプラットフォームGo-Payは、Coins.phと統合されます。Go-PayのCEO、Aldi Haryopratomo氏は、次のように述べています; 「当社の理念は、より多くの人々をデジタルエコノミーに取り込むでコミュニティを強化する事です。Coins.phは、これを共有できる企業であり、協力できる事に興奮しています。インドネシアとフィリピンの消費者取引行動には多くの類似点があり、Coins.phと同様にフィリピンでのキャッシュレス支払いの促進でも同様の成功が期待できます。」 関連記事インドネシアの仮想通貨ビットコイン投資家が114万人を突破!株式投資家118万人に迫る参考:techcrunch

〈 COIN TOKYO 〉

2019-01-22

SIRIN Labs(シリンラボズ)がブロックチェーンスマホを米国・ロシア・東京に進出させる計画

ブロックチェーンのスマートフォンメーカーSIRIN Labs(シリン・ラボズ)が、スマートフォン「FINNEY(フィニー)」の出荷と、ショップに関する最新情報を発表しました。同社は、2018年11月にFINNEYを999ドルで予約販売を開始。先週、正式に発売しました。SIRIN Labsは同時に、ロンドンの旗艦店を再オープン、次は東京、そしてニューヨークを含む他の市場への進出を目論んでいます。16日にVentureBeatが報じました。コミュニティハブとなる英国の旗艦店再オープンされた英国での旗艦店は、Finneyを売るだけでなく、ロンドンを拠点とする暗号愛好家のための共同ハブとして機能します。SIRIN LabsのチェアマンKenes Rakishev氏は、次のように述べています; 「ロンドンは多様で創造的で繁栄した技術の中心地です。世界初の大衆向けブロックチェーンフォン、FINNEYを販売するのに理想的な最初の舞台です。...この場所が、ロンドンや他の場所にあるテクノロジー企業が新しいオーディエンスにリーチするのを助けるプラットフォームとして機能することを願っています。」Were getting ready for tomorrows grand re-opening of our flagship store in London. If youre in the city, come visit at 5PM after our media event, meet members of the team, and get your FINNEY™! pic.twitter.com/LP5be74RdY SIRIN LABS (Not giving away ETH) (@SIRINLABS) 2019年1月14日 2番目の店舗は東京にオープンする予定で、他の店舗はニューヨークを含むその他の市場で地元の小売業者と提携して立ち上げるという。米国、ロシアへの出荷を見込む1月21日付けのThe Newsで、同社は2月20日頃にFINNEYのロシアへの出荷を開始する最終承認を取得する予定であると述べました。さらに、米国への出荷に関して、SIRIN Labsは、ブロックチェーンのスマートフォンは必要なFCC(連邦通信委員会)認証すべてに合格していると述べました。しかし、政府の閉鎖により、最終的な承認が滞っています。「米国政府が再開すれば、米国へのFINN​​EYの出荷を開始するために、すぐに必要な承認を受けることを期待しています。」と述べています。さらに、同社は、ヨーロッパのAmazonの店舗は2月28日までにオープンする予定であると述べた。 昨年、同社は世界中でFINNEYの流通を拡大するために多数のパートナーシップを締結しました。特にVirgin Gates社との提携は、エジプト、アラブ首長国連邦’UAE)、サウジアラビア、バーレーン、オマーン、クウェートへのFINNEYの供給をサポートします。ウクライナでLLCLegio。また、Coinduckは韓国の1,000店舗でイーサリアムでの支払いを受け入れます。 SIRIN Labsはまた、需要の低さから白のFINN​​EYの生産を保留にしていると述べ、「将来的には需要を再評価する」と付け加えました。フィニー(FINNEY)ブロックチェーン・スマートフォン「フィニー(FINNEY)」は、スイスのスタートアップ、SIRIN Labs(シリンラボズ)が台湾の電子メーカー・FIHモバイル(フォックスコン、鴻海子会社)と共に開発・製造するAndroid端末です。 SIRIN Labs共同創業者のZvika Landau氏によると、FINNEYは暗号通貨ユーザーが安心して利用できるように開発され、ネットワークアタック、ホストアタック、マルウェア、フィッシング等あらゆる攻撃に対応するマルチレイヤーサイバープロテクションスイートを備えています。 昨年11月、ブルームバーグに対しシリンラボズCEOのMoshe Hogeg氏は、ディストリビューターからのフィニー(FINNEY)への注文が16万台に上っていると明かしました。 関連記事SIRIN LABSのブロックチェーンスマホFINNEY(フィニー)が関心を集める5つの理由参考:The News Asia

〈 COIN TOKYO 〉

2019-01-22

Gincoがモンゴルでマイニング事業の展開進める、「まだ利益を生み出す余地はある」

この記事の3つのポイント! 仮想通貨マイニングの新たな中心地として注目されるモンゴルにて、Gincoが事業展開を進めている 昨年の市場低迷で大手企業が事業撤退するも、100%子会社Ginco Mongol代表は「まだ利益 [] 投稿 Gincoがモンゴルでマイニング事業の展開進める、「まだ利益を生み出す余地はある」 は CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。

1月22日の経済・金融ニュースまとめ:人力車「えびす屋」、日本初となるキャッシュレス決済導入へ、など全17件

目次 1. ジャパネットたかたでのお買い物が送料無料の「ジャパネットカード」誕生2. ブロックチェーン企業Crypto Garage、日本政府から「サンドボックス制度」金融分野初の認定受ける3. キャッシュレス決済を導入した全く新しいライブハウス「NEPO(ネポ)」、クラウドファンディング開始4. 大分県、キャッシュレス化推進でスマホ決済「Origami Pay」活用へ5. 日本初、人力車「えびす屋」QRコード・キャッシュレス決済導入へ6. LINEの「SHOPPING GO」、ビックカメラで最大100,000LINEポイントが当たるキャンペーン実施中7. ベトナム初、日系フィンテックセンターがハノイにオープン ブロックチェーン技術などを学ぶ8. 毎日新聞がGaudiy、サイフォンと「毎日新聞ブロックチェーン・ラボ」発足9. 【まもなく終了】THEO、冬のボーナス入金で最大15,000円プレゼント10. 引越しシェアリングサービス「Hi!MOVE」リリース 荷物の写真撮影で見積もりが可能に11. LINE Pay、ココカラファイングループ約1,200店舗で利用可能12. メタップスプラスのDApps「DIGSTAR」、クリーチャー取引「TEMX」の事前登録を開始13. 「LINEウォレット」・「LINEクーポン」を活用したキャッシュレスユーザーが拡大中14. 楽天プレミアムカード、最大14,000ポイントプレゼント&楽天プレミアムが1年間無料に15. コナミの電子マネー「PASELI」が自販機連携サービスを開始 購入した本数分のゲーム特典をプレゼント16. メルカリのスマホ決済「メルペイ」始動となるか 2月1日よりサービスを移管17. 福岡銀行のスマホ決済サービス「YOKA!Pay」、沖縄銀行と連携 ジャパネットたかたでのお買い物が送料無料の「ジャパネットカード」誕生 株式会社ジャパネットたかたは、株式会社セディナ と提携し、2019年1月23日(水)よりジャパネットたかたご利用のお客様を対象としたクレジットカード「ジャパネットカード」の展開を開始します。 ブロックチェーン企業Crypto Garage、日本政府から「サンドボックス制度」金融分野初の認定受ける インターネット事業を展開するDigital Garage(デジタルガレージ)の子会社である、ブロックチェーン金融サービスを手がけるCrypto Garage(クリプトガレージ)が、日本政府から「サンドボックス制度」の認定を受けたことが明らかになりました。 キャッシュレス決済を導入した全く新しいライブハウス「NEPO(ネポ)」、クラウドファンディング開始 次世代型ライブハウス=スマートヴェニューを掲げて、2019年3月、東京・吉祥寺にキャッシュレス決済の導入を予定しているライブハウス「NEPO(ネポ)」がオープンします。 大分県、キャッシュレス化推進でスマホ決済「Origami Pay」活用へ スマホ決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」を提供する株式会社Origamiが、大分県のキャッシュレス化推進にかかる決済事業者として認定されたことが発表されました。 日本初、人力車「えびす屋」QRコード・キャッシュレス決済導入へ インバウンド観光客に特化した飲食・旅行の「広告・予約・購入・決済」のオンラインサービス『日本美食(ニホンビショク )』を運営する日本美食株式会社は、観光人力車を運営する「えびす屋」に業界初となるマルチスマホ決済の導入が決定しました。 LINEの「SHOPPING GO」、ビックカメラで最大100,000LINEポイントが当たるキャンペーン実施中 LINEが提供するLINEポイント還元サービスの「SHOPPING GO」が、ビックカメラグループにおいてお得なキャンペーンを実施しています。 ベトナム初、日系フィンテックセンターがハノイにオープン ブロックチェーン技術などを学ぶ ​IT人材の派遣・紹介を行うCoingate株式会社は、ベトナム・ハノイに「JAPAN FINTECH CENTRE(通称:JFCベトナム)」を開設しました。 毎日新聞がGaudiy、サイフォンと「毎日新聞ブロックチェーン・ラボ」発足 毎日新聞が本日1月22日(火)、「毎日新聞 Blockchain Lab.(毎日新聞ブロックチェーン・ラボ)」を発足させました。 【まもなく終了】THEO、冬のボーナス入金で最大15,000円プレゼント AI搭載ロボアドバイザーによるおまかせ資産運用THEO [テオ]では、最大15,000円が当たる「冬のボーナス入金キャンペーン」を実施しています。 引越しシェアリングサービス「Hi!MOVE」リリース 荷物の写真撮影で見積もりが可能に 株式会社グライドが引越しシェアリングサービス「Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)」を開始しました。 LINE Pay、ココカラファイングループ約1,200店舗で利用可能 ドラッグストアを運営するココカラファイングループでは、全国の約1,200店舗でキャッシュレス決済「LINE Pay」の導入をしています。 メタップスプラスのDApps「DIGSTAR」、クリーチャー取引「TEMX」の事前登録を開始 韓国の大手決済プラットフォームMetaps Plus(メタップスプラス)のDApps「DIG STAR」が、クリーチャーの取引を行えるプラットフォーム「TEMX」の事前登録受付を開始しました。 「LINEウォレット」・「LINEクーポン」を活用したキャッシュレスユーザーが拡大中 LINE株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE」上で利用できる“LINEのおサイフ”「LINEウォレット」内「マイカード」においてカード登録枚数が130万枚、「LINEクーポン」においてクーポン使用数が200万枚を突破したことを発表しています。 楽天プレミアムカード、最大14,000ポイントプレゼント&楽天プレミアムが1年間無料に キャンペーン期間、楽天プレミアムカードに新規入会・1回ご利用で、最大14,000ポイントプレゼントを実施します。 コナミの電子マネー「PASELI」が自販機連携サービスを開始 購入した本数分のゲーム特典をプレゼント コナミが提供するアミューズメント施設向けの電子マネー「PASELI(パセリ)」が1月21日(月)から「自販機連携サービス」を開始しました。 メルカリのスマホ決済「メルペイ」始動となるか 2月1日よりサービスを移管 フリマサービスを提供しているメルカリは、2月1日付けで完全子会社である「メルペイ社」に売上金及びメルカリポイントを移管する予定と発表しています。 福岡銀行のスマホ決済サービス「YOKA!Pay」、沖縄銀行と連携 福岡銀行が提供するスマホ決済サービス「YOKA!Pay」が、2019年春頃から沖縄銀行と連携することが発表されました。

〈 BITDAYS 〉

2019-01-22

米ワイオミング州、デジタル資産の分類・定義を明確にする法案を提出

米ワイオミング州で、デジタル資産の法的な枠組みと定義づけを行う法案が(Digital assets-existing law)提出されたことが明らかになりました。 今回提出された法案では、デジタル資産を「消費資産」「証券 [] 投稿 米ワイオミング州、デジタル資産の分類・定義を明確にする法案を提出 は CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。

福岡銀行のスマホ決済サービス「YOKA!Pay」、沖縄銀行と連携

福岡銀行が提供するスマホ決済サービス「YOKA!Pay」が、2019年春頃から沖縄銀行と連携することが発表されました。 目次 1. 決済サービスの相互利用に対応1.1. 銀行Pay(マルチバンク対応) 決済サービスの相互利用に対応 以下、プレスリリースより引用。 株式会社福岡銀行(取締役頭取 柴戸 隆成)は、スマホ決済サービス「YOKA!Pay」(よかペイ)について、株式会社沖縄銀行(取締役頭取 山城 正保)が2019年春頃を目処に取り扱いを開始するスマホ決済サービスと連携することとなりましたのでお知らせ致します。 YOKA!Payは、クレジットカード等のカード決済や事前入金が必要となる電子マネーとは異なり、「スマホを使った銀行口座からの即時引き落とし」を可能とする新たなキャッシュレスの決済手段をご提供するものです。 既に連携済みの横浜銀行、熊本銀行、親和銀行、導入を予定しているりそなグループ(りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行)、ゆうちょ銀行に加えて、今回沖縄銀行が銀行Pay(マルチバンク対応)に参加することで、お客さまの利便性がさらに高まることとなります。 福岡銀行では今後も、他の金融機関との銀行Pay(マルチバンク対応)の拡大を進めていきます。 銀行Pay(マルチバンク対応) 銀行Pay(マルチバンク対応)とは、各金融機関が展開するスマホ決済サービスの総称で、お互いのユーザーがお互いの加盟店で相互利用が可能となる仕組みを持ちます。 例えば、「YOKA!Pay」個人ユーザーは、「YOKA!Pay」加盟店に加えて、沖縄銀行が展開するスマホ決済サービスの加盟店でも決済ができ、沖縄銀行の同サービスの個人ユーザーは「YOKA!Pay」加盟店での決済が可能となります。 ※ 2019年1月21日時点。参加予定金融機関含む

〈 BITDAYS 〉

2019-01-22

Block Ratings Copyright ⓒ Block Ratings. All rights reserved.
Rooted Partners | 10F, 373, Gangnam-daero, Seocho-gu, Seoul, Republic of Korea
contact@blockratings.com | Chris Song | 558-86-00779